食べ方のポイントをアドバイス! 穀物編

MENU

穀類のGI値とエネルギー量 お米編<続き>

・麦、はと麦 GI値:優 エネルギー:良

 

 

押し麦や米粒麦として市販されている大麦には、

 

 

食物繊維が精白米の約10倍も含まれている。

 

 

はと麦はタンパク質が豊富で、 はと麦も、麦も精白米に混ぜて炊いても問題ありません。

 

 

 

・雑穀 GI値:優 エネルギー:良

 

 

あわ、きび、ひえ、アマランサスなどの雑穀は 食物繊維やビタミン、鉄分、カルシウムが豊富。

 

 

玄米や麦、ごま、豆などをブレンドしたものも 市販されていますので上手に摂取しましょう。

 

 

 

・もち米 GI値:不 エネルギー:良

 

 

もち米は高GI値食品です。しかし、タンパク質や 食物繊維を含む食品と組み合わせると、

 

 

GI値が下がるため、あずきが入った赤飯や、 きのこ入りおこわは、比較的GI値が低くなります。

 

 

 

・雑炊 GI値:良 エネルギー:良

 

 

食べ方,穀類,穀物,GI値,エネルギー,ダイエット

雑炊そのものは高GI値食品ですが、 水分を吸収してかさが増えるため、 少量でも十分お腹が膨れます。

 

 

玄米や麦を入れたり、具だくさんにするのが ダイエット成功のポイントです。

 

 

 

・もち GI値:不 エネルギー:良

 

 

白いもちのGI値は非常に高く、 雑煮や力うどんのように、柔らかく煮たモチは、 GI値が一気に高くなります。

 

 

食べるときは、玄米や雑穀、豆が入ったもちを 選ぶようにしましょう。